【体験談】おうちプールは迷惑!?近所迷惑に思われる理由と対処方法!

暮らし

夏は外遊びが出来ないからお家プールをしようとおもうのだけど、近所迷惑にならないか心配で・・・

分かります。我が家もおうちプールやりますけど、近所からのクレームは心配で一応気を付けています。

猛暑で公園遊びが難しいとお家プール遊びで体力を使って欲しい!

だけど、近隣トラブルは心配ですよね。

近隣から「迷惑!」と文句を言われる前に、自分たちで出来る限り周りの方に迷惑を掛けないように努力することが大事です。

スポンサーリンク

おうちプールは迷惑?近所迷惑だと思われている理由3つ

怒っている男性

我が子が遊んでいる姿は微笑ましく感じますが、他の人から見るとそれがただの迷惑行為に感じられることも多々あります。

どんなことが迷惑だと思われることが多いか詳しく説明していきますね。

うるさい

お家プールが空気を入れるタイプの場合、電動のポンプを使用する方も多いと思います。

実はその時点で結構うるさいですよね。

そしていざ準備して子供が遊び始めて、楽しくなっている子供が無言で遊ぶわけがない!

キャーキャー騒いでしまいますよね。

子供が楽しいお水遊びをしているのでテンションが上がって騒いでしまうのは当然。

親としては楽しんでくれるのは嬉しい!

しかし、他人にとってはそれって

ただの騒音

でしかないのですよね。

自分が家でテレビを見ている時に近所のバイクのエンジン音がブンブンブンブン!と聞こえていたら「うるさいなぁ・・・」と思うのと同じです。

いくら自分家の敷地内で、常識的な時間に遊んでいても、近所で静かに生活をしている人からすると子供の騒ぐ声はただうるさいだけです。

片づけの水の始末

お家プールで遊んだお水はどうやって水抜きしますか?

我が家はマンションの専用庭でお家プールをやるのですが、以前夫に片づけを手伝ってもらった時に力があるもんで、豪快にプールをひっくり帰りてバシャーン!と音が聞こえるくらい勢いよく水を捨てた時に、お隣さんがそっと窓から様子を見ていたのを目撃しました。

戸建てでも、マンション内でも、遊び終わった水の片づけでその水が隣近所の人の家の敷地に来たら、その家の方は嫌なんです。

熱いから水なんてすぐ乾くしいいじゃんって思いたいところですが、もし自分に子供がいなくて逆の立場だったら、子供が遊んだ後のプールの水が自分の家の前や敷地内に来るのは嫌ですよね。

虫が寄ってくる

水って虫が好む環境の一つですよね。

夏だと室外機から排出される水を求めてハチが来ることがあります。

洗濯物を取り込むのに外に出た時に蜂が飛んできた!
買い物に行こうと玄関を出たら蜂が飛んでいた!

それだけでも十分怖いのに、近所でお水遊びをされて家の周りが水でいっぱいになると様々な虫が寄ってくるリスクが倍増します

実際おうちプールが原因で近所の家に虫が沢山来るようになった訳じゃなかったとしても「あの家が水遊びしているせいだ」といわれてしまう可能性がありますし、そういわれた時に違うと立証する手立てもありません。

おうちプールで迷惑だと思われないようにすること5つ!

お水遊び

事前にご近所さんに説明する

ご近所トラブルを回避するために一番大事なのは「先に許可を得ることと迷惑をかけてしまうかもしれないと謝罪すること」です。

戸建てなら隣近所(特に子育て世代ではない家庭はしっかり)、マンションだと全住居回るのは厳しいですが、隣接するお宅にはプールの季節になったら「これから休みの日などプール遊びをするのでご迷惑をおかけします。申し訳ありません」と事前に説明するのがベストです。

親がちゃんと事前に説明すれば「気にしないで遊んで下さい」と仰って下さる場合が多いです。

もしくは何時から何時はこういう事情があるので出来ればプール遊びしないで欲しい、などやられると困る時を伝えてくれるかも知れません。

ご近所トラブルを減らすためには迷惑をかける側が事前に説明して「ルール確認」しておくことが一番大事です。

環境に合せてプールを選ぶ

おうちプールと一言で言っても、住環境はかなりばらつきがあると思います。

住宅の密集地に住んでいる家庭、両親などと敷地内同居していて自分たちが自由に使える敷地が広くてあまり近隣トラブルを気にしなくて良い場合、近くに建物がない場所に住んでいる場合もあると思います。

騒いでも上に抜けるような家の屋上にプール遊びする場所を設置する場合だってありますよね。

その家庭の住環境にあったプールを選ぶことはとても重要です。

どんなに気に入ったプールを購入してもご近所からクレームが来たら無視して遊ぶことも出来ないので自宅の環境を考えて身の丈にあったプールを選ぶことが大事。

プールの空気入れから騒音になるので、住宅密集地で遊ぶ場合はインスタ映えはしなくても空気入れ要らずで組み立てられるプールを購入するのがおススメです。

我が家は空気入れタイプを最初は使っていたのですが、やはりご近所迷惑が気になり、これにしました。

空気入れポンプを使わない分、騒音の迷惑は少し減ります

ベランダでする家庭ならベランダサイズに合わせて購入。

ご近所迷惑を気にしなくて良い環境ならインスタ映えプールもあり!

子供が騒ぎ過ぎたらちゃんと注意する

子供が楽しそうに遊んでいる姿を見るのは親としては嬉しいことなのですが、あまりキャーキャー、ギャーギャー声のボリュームが大きくなったら「もう少し静かに遊ぼうね」と注意することはとても大切です。

もし、お家プールをしていることを快く思っていない家が近所にあると、割とその方は一挙手一投足を陰から見ています

これ、怖いけど本当の話です。

なので注意することはもちろん子供に対して「近所迷惑にならないようにする」ということを教える為にも必要なのですが、周りのご家庭に対して「ちゃんと気配りしています」というアピールにもなります。

ちょっとズルい考え方でもあるのですが(笑)

しかし、大騒ぎしているのに注意もせずにニコニコ一緒に遊んでいる親を見ると「ちょっとは注意しなさいよ」って公園などでも思う事ありませんか?

その住環境に則ったルールの上で親は子供にしかるべき注意はしないといけません。

プールの水の捨て方

これは夫がザバーン!とやらかしてからずっと悩んでいました(笑)

プールが終ったあとの水を処理するのはごみを捨てるのと同じなので、周りの方に迷惑をかけてはいけません。

私が色々試行錯誤した後にたどり着いたのは「家庭用バスポンプ」です。

お風呂の水を選択の水に使う場合にスムーズに水をお風呂場から洗濯槽に移すために作られているこのポンプを使って、プールのお水を排水溝に直接ダイレクトに流し込むようにしました。

全部のお水を完全にそれで捨てることは出来なくて、最終的に少量はその場に捨てることになるのですが、バスポンプを使う事で早く、かつ近隣の家の前などに使用済みのお水をばらまくようなことはせずにお水の処理が出来ます。

これはご近所迷惑、ご近所トラブルだけでなく、スムーズに排水したい片づけ役の親にも力仕事にならなくて済むのでかなりおススメ度が高いです!

おうちプールをしないでじゃぶじゃぶ池に

ご近所に迷惑だからやめて欲しいと言われた!

嫌がらせを受けた!

注意しても子供が大騒ぎしてしまう!

気を使うのが面倒!

と、思ったらもうおうちプールはしないのが一番です。

プールに行くのはお金も労力もかかるし、頻繁には無理だけど、お水遊びはしたい!と言う場合はネットで自治体の「じゃぶじゃぶ池(公園内にあるお水遊びの出来るエリア)」を探して遊びに行くのも手です!

大体どこの自治体でもじゃぶじゃぶ池のある公園はあるので、調べてみて近くにあったら行ってみると結構楽しいです!

ただ、じゃぶじゃぶ池をやっている期間や時間は自治体によって異なるので事前に確認が必要です。

水着やお着替えの服やタオルなどを持って行ってみましょう!

注意:最近じゃぶじゃぶ池の周りで子供が着替えている姿を隠し撮りしようとする大人もいるところがあります。
お着替えの時はどんなに小さい子でも裸姿を見られないようにタオルで隠すなど注意して下さい。

お風呂でお水遊び

実はこれが楽な方法かもしれません(笑)

お外でのおうちプールは特別感があってとても楽しいのですが、近隣の目が厳しい場合はお風呂に冷水では無くぬるめのお湯を膝丈くらいまで張ってお風呂でお水遊びも意外と楽しいものです。

お風呂で長風呂だとのぼせてしまいますが、浅くてぬるいお水のような状態であればお風呂の時間より長くお水遊びが出来ますね!

お風呂だと新鮮味は無くなりますが通常のお風呂の時とは違う水遊び用のおもちゃを用意したりすると特別感がアップして楽しい時間に!

100円ショップで売っているようなおもちゃの金魚すくいセットなどをたらいに用意して縁日ごっこをしながら遊んだりするのも楽しいですよ。

お風呂だと汚れたら洗うのも簡単なので、ペットボトルに絵具を入れてお水を入れて色水にしたり、他の色を足したら何色になるかな?なんていう遊びも子供は喜びます。

ですが、少量のお湯を張ったお風呂なので安全・・・と思いがちですが、十分溺れてしまったり滑って転倒したり、肺に水が入ってしまう危険があります。

お風呂でお水遊びをするとしても大人はちゃんと危ないことがないか見ていて下さい

おうちプールは迷惑!?近隣に気を付ける点のまとめ

暑い夏にお家プールで子供に楽しく遊んで欲しいですが、近隣住人に迷惑をかけて白い目で見られたり、ご近所付き合いの関係が悪化してしまうのは、暮らしていく上ではとても大きな問題です。

子供が楽しくおうちプールが出来るように、近隣住人に親が出来るだけ配慮をして不快に思われないように、楽しい子供との夏の思い出をつくりたいですね!

おうちプールが難しいと思ったら近所の「じゃぶじゃぶ池」も是非利用してみて下さいね!

暮らし
スポンサーリンク
miwaをフォローする
スポンサーリンク
高齢出産de育児中 Take it easy!

コメント

タイトルとURLをコピーしました