キレイになる

40代でも女性として見られたい!モテる女はここが違う!モテる女性の五か条

40代に上がった女性が誰でも感じるのが、「見た目の変化」つまり、「若さがなくなっていく」ではないでしょうか。

それは単に、年齢が上がっただけではありません。

その年齢と共に、見た目でも分かる肌の衰え身体的な衰えなどです。

こういった現象が目に見えてくると、女性はどうしても「自分はもう女性として見られていない?」と感じずにはいられません。

しかし、40代でも女性としてとても可愛くキレイな女性もいます。

こういう女性は同年代の男性からも非常にモテるのです。

そこでこの記事では

  • 40代でも女性として見られたいなら、どうするのがもっともモテる女性に近づけるのか?
  • 男性が恋愛や結婚の対象として見る40代女性になれるのか?

モテる女性の共通する五か条をご紹介していきます。

40代でも女性として見られたいと思う理由

「40代でも女性として見られたい」女性なら誰でも思う気持ちです。

では、どうしてそう思うのか?その理由は?

  • 女性は死ぬまで女性だから

もう、この一言に尽きるのではないでしょうか?

これからご紹介する女性として見られたい40代女性がつい思ってしまう理由も、実はこの「死ぬまで女性」意識が強いからといえると思います。

その理由を見ていきましょう。

理由①おばさん意識が強すぎる

自分のことをおばさんと思ってしまうのは、実は40代のみならず30代頃から思う傾向があります。

みなさんの周りにも、30代~40代くらいの女性が「もうおばさんだし(笑)」と言っている人はいませんか?

きっと50代以上の人からすると、「まだ、そんな年じゃないでしょ」と思われるでしょう。

40代女性には得に、この「おばさん意識」が強すぎる傾向です。

しかし逆に見れば、これこそが「女性は死ぬまで女性」である証拠といえると思います。

つまりは、女性らしさを失っていない証拠といえるのではないでしょうか。

理由②身体の変化に敏感すぎる

40代女性が「おばさん意識」が強くなる理由の一つに「身体の変化」があります。

身体の変化とは、以下のような変化です。

【外面】

  • 白髪が目立つ
  • 小じわやシミ・たるみがある
  • おしゃれしても似合わなくなった

【内面】

  • 疲れが取れない
  • 更年期障害がある
  • 生理が終わった

これだけでも、おばさん意識が強くなるのも無理はないと感じてしまいます。

年齢と共にこうした老化現象は喰いとめようがありません。

小さいときから身長が伸び、大人になるという成長をしてきたように「老い」もまた成長だからです。

しかし同じ40代女性でも、とてもチャーミングでキレイな女性もたくさんいます。

女性から見ても羨ましいと感じる、素敵な女性がいるのも事実です。

こういった女性には、ある共通した5つの条件があるのを知っていますか?

次の章で、40代でも女性として見られる「モテる女性」の五か条を紹介しましょう。

40代でも女性として見られたいならこれ!モテる女性の五か条

40代でも女性として見られたいなら、モテる女性の真似をすることです。

その五か条とは?

  1. 好奇心旺盛・気配り
  2. ポシティブシンキング
  3. 努力家
  4. マイナス言動なし
  5. 清潔感

それぞれを詳しく解説していきます。

モテる女性①好奇心が旺盛で気配りができる

40代でも女性として見られる人に共通するもっとも分かりやすい点の一つ。

それが、この「好奇心が旺盛で周りに細やかな気配りができる女性」です。

好奇心旺盛

まず、「好奇心が旺盛」であることが、なぜモテる女性の条件なのでしょうか。

それは好奇心が旺盛ということは、何に対しても興味を持つということです。

それが「人」でも「物」でも、「空想の世界の話」でもすべてにおいて興味を持ちます。

そして興味を持つだけでなく、それに対して「それはどういうこと?どうなってるの?」と常に好奇心旺盛になるのです。

こういった女性と話すことによって、人は「ちゃんと自分の話を聞いてくれている」と実感できます。

この方が、ただ表面上で「うん、うん」と返事だけしながら聞かれるより嬉しいですよね。

結果、「いつもしっかり話を聞いてくれる、話が聞ける素敵な女性」と映るので、モテるというワケです。

気配り

その上、「細やかな気配り」ができる女性だと、いうことなしではないでしょうか。

例えば、

  • 初対面の人には必ず挨拶をする
  • ファッションや持ち物を見て”ステキ”と言ってくれる

意外とできそうでできないことだったりします。

だから、モテるのですね。

モテる女性②何事もポシティブな考えを持っている

これもモテる女性に共通して見られる理由です。

何事もポシティブな考えを持っていることがモテる理由は、次のようなことになります。

  • ショックなことや落ち込むことがあっても、「あとは上がっていくだけ」と思う
  • 理不尽なことや冷たい態度など、人間関係で辛い想いをしても「これは、私が強くなるための特訓なんだ」と思う
  • バカにされても、その悔しさをバネに成功できたとき、そのバカにした人に心から感謝できる

とても、ステキな人だなと思いませんか?

こういう状況になった場合、大抵はどん底に凹んでしまったり食欲がなくなるくらい落ち込むことが多いでしょう。

そして、時間と共に消化していくだけ。

最後のバカにした人に心から感謝できるというのも、さらっと言ってますが実は凄いことだと思うのです。

大抵は悔しさをバネに頑張ってそれが成功したら、バカにした人に対しては「ざまぁ見ろ!」と思うでしょう。

俗にいう「見返してやる!」ですね。

しかしモテる女性は、見返すだけでなくその人に対して心から感謝するというところ。

なかなかできることじゃありません。しかも、決して皮肉った気持ちからではありません。

大抵は、上から目線になるか中指を立てるかです。

こうした素直さもモテる秘訣なのでしょう。

モテる女性③何に対しても努力を忘れない

これは正にモテる女性には「必須条件」といえるかもしれません。

なぜなら、この世の中に存在する「人」「物」「出来事」などはすべて人の努力の上に成り立っているからです。

今回のテーマのように、「40代でも女性として見られたい」と願うのも「そう努力したい」という気持ちの表れではないでしょうか。

何もしないでこの願いは叶えられないといっても過言ではないはず。

そして、コツコツと地道でも努力している人の姿はとても美しいものです。

こういった人は、老若男女問わずモテるでしょう。

モテる女性④マイナスな言動をしない

これまでお話してきたように、辛いことがあったときに食欲がなくなるくらい落ち込んだり、「もうおばさんだから」と言ったりすることが「マイナスな言動」です。

モテる女性には、このマイナスな言動が見られません。

なぜかというと、やはりポシティブシンキングだからです。

  • 落ちるとこまで落ちれば、あとは上がっていくだけ
  • おばさんにはおばさんの魅力がある

モテる女性はきっとこのように、常にプラスな言動に替えていると思われます。

「捉え方の変換」ができる女性はモテるのでしょう。

モテる女性⑤いつも小奇麗にして清潔感がある

小奇麗にして清潔感があるというのは、「着飾っている」こととは違います。

メイクやヘアスタイルがバッチリ決まっていて、ステキなアクセサリーや服を身に着けたおしゃれもステキですが、「小奇麗」で「清潔感」があるというのはどういう女性でしょうか。

  • 着飾らなくてもおしゃれ

例えば、

  • メイクはナチュラルメイクでヘアスタイルもキレイにまとまっている
  • 服装は流行を意識したような気崩したファッションではない
  • シワがなく気崩さずちゃんと着ている

といったようなことです。

これが「小奇麗で清潔感がある」女性になります。

言ってみれば、皇后・雅子様のようなイメージです。ステキですよね。

created by Rinker
¥110 (2024/02/21 23:17:27時点 楽天市場調べ-詳細)

30代~40代男性が思う40代女性のここがNG

ここからは、30代~40代の男性から見て「これは勘弁!NGだな」と思う40代女性のNGポイントです。

  • おばさんっぽい
  • 性的魅力がない
  • フットワークの重さ
  • 説教くさい
  • 恥じらいなし

これも、NG女性の五か条といえるでしょう。

NGポイント①見た目と態度がおばさんっぽい

「だってもう40代だし、しょうがないじゃない」

これを言っちゃおしまいです。

それこそ、「マイナスな言動」ですよ。

そう思っているから、おばさんっぽくなるのだということに早く気付いてください。

年齢を言い訳にしないことです。

NGポイント②性的魅力を感じない

女性としては、かなりショッキングな理由ですね。

性的魅力というのは、男性目線で見たときちょっと一瞬でもジッと見てしまうような色気ということでしょうか。

例えば、

  • 首筋に流れる汗
  • かがんだときに見える胸の谷間

といったところだと思います。

確かに見る女性によっては、こういうところの魅力はは良くも悪くもなりますね。

NGポイント③フットワークが重い

とっさに行動しないというか、いちいち面倒くさそうにしていると「フットワーク重いな」と思われるでしょう。

これも年齢を言い訳にしがちですが、これは年齢というよりも気力の問題・女性らしく見られたいかどうかの問題です。

女性らしさを追求しようとすると、何歳でもフットワークは軽いものでしょう。

NGポイント④言うことがいちいち説教くさい

本人にそのつもりがなくても、40代ともなると若い世代の人からすると少々、言うことがいちいち説教くさくなるようです。

年の功ともいえますが、これはある意味しょうがない部分もあります。

なにせ、これまで培ってきた経験が若い人より多いワケですから、正に年の功ですよね。

とはいえ、男性目線では女性らしさに欠けるということであれば、言い方を考える必要があるでしょう。

例えば、「これはこうするべきよ」ではなく「これはこうした方が良くない?どう?」みたいにです。

特に仕事の分野では、後者の方が押しつけがましくなくて好印象ではないでしょうか。

NGポイント⑤恥じらいがない

これも年齢を重ねると、多々ありますね。

いろいろな経験をしてきた40代にとっては、いちいち恥じらうこともなくなるのでしょう。

これも年の功でしょうか。

こちらも言い方を考えて、恥じらうというよりは少し控えめな物言いにしてみるといいかもしれません。

まとめ:40代でも女性として見られたいならまず年齢は気にしない

これまでご紹介した、40代でも女性として見られたいなら五か条も参考にしていただきながら、総括していえることはこれだと思います。

  • 年齢は気にしない

年齢とは、単に生まれてから今日までの年数を数字にしたものです。

「年が明けた回数みたいなもの」と捉えましょう。

実際そうですから。

そして、常に努力して小奇麗にしていればそれだけでも、とても女性らしくなれますよ。

-キレイになる